忍者ブログ
  • 2014.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2014.11
京王・2012年度~
利用上の注意事項を読んだ上でご覧ください。

・2012年度
更新:7703F,7804F,7803F
※7703FはVVVF化を兼ねた再更新
※営業車全車VVVF化(大手私鉄では初)
機器更新:8730F

・2013年度
更新:8703F
※機器は未更新
※このほか8732Fがドア交換施工
改番:7811F+7711F→7807F+7702F
※詳細は別記事参照

・2014年度
更新:8713F,(8714F:更新中)

・8000系の改番・組み替え
8703-8003-8053-8103-8153-8753=8803-8203-8253-8853
 ↓
8703-8003-8053-8103-8153-8503-8553-8203-8253-8753
8103→8203、8203→8103※この2両は連結位置交換
8753→8503、8803→8553※この2両は2011/08/25付けで形式変更・改番済
8853→8753

利用上の注意事項を読んだ上でご覧ください。

PR
【2014/04/10 23:12 】 | 京王
東武・2014年度
利用上の注意事項を読んだ上でご覧ください。

・新製
61609F~61616F
※日光線・伊勢崎線新型特急投入?(2014~2016中期経営計画)
※このほか2016~2019年度に日比谷線直通向け新車を投入する模様
(20m車7連、20000系列は13+8+3本の計24本)

・改造
大規模更新:11202F,11802F,(11201F,11801F:更新中)+6両
※11202F,11802Fは2013年度入場
補助電源装置SIV化:1160-F
VVVF化:11639F=11443F
※11639F=11443Fは2013年度に津覇車両出場、2014/06/27営業復帰
側面窓の改造(一部が開閉可能に):51001F,51002F

・転属
(31607F=31407F),31612F=31412F,31614F=31414F…春日部→森林公園
※転属に伴う改造により、形式が以下のように変更されている
クハ36607,36612,36614→サハ36607,36612,36614
クハ31407,31412,31414→サハ31407,31412,31414
(11801F),11802F,11654F,11451F,(11201F),11202F…森林公園→春日部

・置き換え関係
本線
11666F,11456F→31612F=31412F(07/10羽生・森林公園へ)
予備減→31614F=31414F(09/03羽生・森林公園へ)
11202F(09/14営業開始),11802F(10/17営業開始)←31607F=31407F※改造中
11654F,11451F,11201F,11801F※改造中

東上線
11639F=11443F(06/27営業復帰、予備減?)→8185F(06/27廃車回送)
31612F=31412F(07/13営業開始)→11801F+11201F(07/23寄居へ)
31614F=31414F(09/06営業開始)→11654F+11451F(09/24寄居へ)
31607F=31407F※改造中
※2014年度に川越市~小川町にATCを導入する予定

野田線
61608F(03/31営業開始)→8148F(04/07廃車回送)

・廃車
8連:8185F
6連:8106F,8145F,8148F,8167F
※8106F,8145F,8167Fは2013年度廃車回送

↓東上線10000系交換・更新モデルケース
(30000系は1か月程度、10000系は2~3か月程度で営業復帰)
2014/10…31607F=31407F(検査:2014/08,2014/06)
2014/12…11667F,11460F(検査:2012/05(同時))※ATCなし
2014/12…8181F+8560F廃車?
2015/02(予備減)…8175F廃車?

11003F(検査:2013/05)
11004F(検査:2014/05←2011/03)
11005F(検査:2012/02)
11006F(検査:2010/12)
11031F(検査:2012/08)
11634F,11455F(検査:2014/01(同時)←2010/09,2011/10)
11637F,11442F(検査:2013/09(同時)←2010/02,2010/03)
11643F,11439F(検査:2012/10(同時)←2009/05,2009/03)
11644F,11448F(検査:2014/08(同時)←2011/08,2013/02)
11661F,11441F(検査:2013/04(同時)←2010/01,2010/07)

31602F+31402F(検査:2011/11,2010/10)※6連はPMSM試験
31606F+31406F(検査:2012/02,2012/01)※半直運用
31609F+31409F(検査:2014/01,2013/11)※半直運用

↓野田線8000系検査順(2014/10/17現在)
8171F[2010/11],8165F[2011/02],8192F[2011/03]
8169F[2011/05],8158F[2011/06],8163F[2011/07]
8151F[2011/11],8166F[2012/02],8131F[2012/03]
8155F,8132F,8129F,8154F,8110F
8170F,8191F,8157F,8150F,8121F
2013年度検査:81113F,81110F,8172F,81114F
2014年度検査:8162F,81117F,8159F,8160F,8164F
※4+2連の組成は以下の通り(それ以外は6連固定)
8121F+8544F,8131F=8501F,8132F=8533F,8155F=8521F,8191F+8567F
※8155Fまでと8159F,8163Fは幕車、それ以外はLED車
※参考:10030系の検査
11653F…2013/08←2010/07、11635F…2014/09←2011/03
11652F…2011/05、11636F…2011/05
11632F…2012/12、11631F…2013/08

廃車予想
2014年度:8151F,8131F,8155F,8132F,8129F,8110F,8150F,8121F

利用上の注意事項を読んだ上でご覧ください。

【2014/04/07 22:12 】 | 東武
阪急・2014年度~
利用上の注意事項を読んだ上でご覧ください。

※公式では例えば車番1301×8連などと表記されるが、ここでは1301Fなどと表す

・2014年度
新製:1002F[神戸線],1003F[宝塚線],1301F,1302F
※1301Fの搬入は2013年度
大規模更新&機器更新:7303F,7322F,7305F,(7304F:更新中)
※7304Fは近畿車両入場
機器更新?:8315F
転属(神戸線→宝塚線→神戸線):9002F
廃車(2014/06/13付け):2321F[7R],C#3894
廃車(2014/08搬出):3064F[8R]
廃車(2014/09搬出):3076F,C#5103,C#5119
譲渡(能勢電鉄):6002F[8R],5136F[8R]
※C#3951(元3327F)は休車扱い
※C#7553,C#7583(元7003F)は休車扱い

置き換え関係
1001F→3064F(06/26正雀へ)
1002F→9002F(07/10平井へ)→5136F(07/10西宮北口へ、07/13未明尼崎へ)
6002F※2014/08/01能勢電鉄へ譲渡、日生エクスプレスで使用
1003F→9002F(09/09返却)→7003F(07/16正雀へ、6連化)→3076F(08/21正雀へ)

1300F→3327F(7連化)→2321F※2013年度離脱
1301F
1302F

7303F:2014/07/15復帰
7322F:2014/08/04復帰

↓1000系・1300系搬入日
1000F…2013/08/26~08/29正雀搬入、11/28営業開始
1001F…2013/10/28~10/31正雀搬入、12/25営業開始
1300F…2014/01/14~01/17正雀搬入、03/30営業開始
1301F…2014/02/17~02/20正雀搬入、04/30営業開始
1002F…2014/05/12,13,15,16正雀搬入、07/15営業開始
1003F…2014/07/28~31正雀搬入、09/10営業開始
1302F…2014/09/16~19正雀搬入

↓1000系・1300系の編成表
1000-1500-1600-1050-1150-1550-1650-1050
1001-1501-1601-1051-1151-1551-1651-1051
1002-1502-1602-1052-1152-1552-1652-1052
1003-1503-1603-1053-1153-1553-1653-1053
1300-1800-1900-1350-1450-1850-1950-1350
1301-1801-1901-1351-1451-1851-1951-1351
1302-1802-1902-1352-1452-1852-1952-1352

↓3300系の編成表
3305-3805-3341-3817-3355-3306-3806-3391[更新車]
3309-3409-3317-3417-3333-3809-3959-3359[7連予備]
3311-3411-3895-3335-3811-3851-3361
3314-3414-3891-3338-3814-3954-3364
3315-3415-3344-3423-3339-3815-3855-3365[7連予備]
3318-3418-3356-3321-3421-3857-3392
3320-3426-3301-3801-3351-3302-3802-3352
3323-3427-3313-3413-3337-3813-3953-3363[更新車]
3324-3404-3307-3807-3357-3304-3804-3354
3325-3401-3367-3303-3803-3353-3368
3326-3402-3319-3420-3345-3419-3893-3393[7連予備]
3327-3403-3310-3410-3334-3810-3951-3360[7連予備]※2014年度7連化、C#3951離脱
3328-3425-3312-3412-3336-3812-3952-3362[更新車]
3329-3405-3343-3424-3342-3818-3861-3353[7連予備、更新車]
3330-3406-3316-3416-3340-3816-3956-3366
3331-3407-3308-3408-3332-3808-3955-3358[更新車]
3892(元3346)
3894(元3322)※2014年度廃車

※改番車
3305F:3391←3427(初代)
3311F:3895←3422
3314F:3891←3345
3318F:3392←3428
3323F:3427←3429
3326F:3345←3347、3893←3343(初代)、3393←3425
3328F:3425←3430
3329F:3343←3348

↓置き換えの動き(暫定)
2013/11/01現在
(9009F・1000系による置き換え未実施)
3000系・3100系:8連2本・6連7本・4連8本・バラ1両
5000系:8連8本
5100系:8連8本・6連1本・バラ3両
 ↓
2014/08/21現在
(置き換え完了:9009F,1000F~1003F)
3000系・3100系:6連5本・4連8本
※6連:3056F,3152F,3154F,3078F,3082F
※4連:3150F,3074F,3060F,3066F,3052F,3050F,3062F,3054F
5000系:8連8本
5100系:8連7本・6連1本
※このほか6002Fが能勢電鉄譲渡、7001F,7003Fが8連→6連化

2012/07/24検査出場:3150F[4R]
2012/10/04検査出場:3074F
2012/11/29検査出場:3060F
2013/02/12検査出場:5128F
2013/03/14検査出場:5010F
2013/06/14検査出場:3066F
2013/07/04検査出場:3052F
2013/07/29検査出場:5006F
2013/08/05検査出場:3078F
2013/09/12検査出場:5001F
2013/10/07検査出場:3082F
2013/12/03検査出場:5132F[4R]
2014/01/07検査出場:5134F[4R]
2014/01/22検査出場:7001F[6R]※C#7551,C#7581離脱
2014/01/27検査出場:3050F
2014/02/21検査出場:3062F
2014/04/01検査出場:3054F
2014/07/02検査出場:5000F
2014/08/20検査出場:7003F[6R]※C#7553,C#7583離脱

2014/01/01現在
(1300系による置き換え未実施)
2300系:7連4本
3300系:8連12本・7連4本・バラ2両
5300系:8連7本・7連7本
 ↓
2014/09/21現在
(置き換え完了:1300F、未実施:1301F,1302F)
2300系:7連3本
3300系:8連11本・7連5本・バラ2両
5300系:8連7本・7連7本

2012/10/12検査出場:3318F[7R]
2013/01/09検査出場:3323F[8R]
2013/02/20検査出場:3305F[8R]
2013/03/04検査出場:2315F
2013/09/03検査出場:2325F
2013/12/24検査出場:2313F
2014/02/28検査出場:3326F[8R]
2014/04/17検査出場:3327F[7R]※C#3951離脱
2014/05/dd検査出場:5321F
2014/06/13検査出場:5306F
入場中:5319F
入場中:3315F

↓置き換えモデルケース
2014年度残り:1302F→2313F、1004F→5146F、(1301F→2315F)
2015年度:1005F→7006F→3154F、1006F→7012F→3056F、1007F→5100F、1303F→2325F

利用上の注意事項を読んだ上でご覧ください。

【2014/04/06 23:14 】 | 阪急
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>